学校行事のこと

  • 2020.10.22 Thursday
  • 20:18

 明日は小6娘の小学校、全校遠足です。縦割り班で6年生がリーダーです。

運動会も、修学旅行も、音楽会も中止になり、悲しいやら悔しいやら、コロナだから仕方ないと言い聞かせてきたなか、精一杯の行事。先生方、地域の皆さまに感謝です。思いっきり楽しんできてほしいです⤴️

 

娘は絵を描くのが大好きで、先日友人から固形絵の具を買ってあげたら?と言われ、娘にプレゼントしたら、とても喜んで😀

今日、学校で友達から鬼滅の刃のキャラ描いて!と頼まれたのが、嬉しくて嬉しくて、夢中になって描いてました。

 いぐろさんというそうです。

 

署名用紙をダウンロードできます。

  • 2020.10.22 Thursday
  • 20:13

日本共産党新座市議団のホームページ

http://jcp-niiza.net/2020/10/22/n201022/

 

から福祉事業を守る署名用紙がダウンロードできます。ぜひご活用ください(^^)/

新座市「財政非常事態宣言」で削減が検討されている独自事業、各種補助金

  • 2020.10.21 Wednesday
  • 17:33

 新座市は9月市議会で「コロナの影響で税収が減り、来年度約25億円の財源不足」という試算 を示しました。ところが、市議会に示された試算では、コロナの影響を大きく受ける法人市民 税と影響を受けない軽自動車税や市たばこ税などを一律の減収率で試算しています。また年度 末までの財政調整基金(貯金)の増額分や、消費税10%増税に伴う地方消費税交付金の増額分 など不明確で盛り込まれていないものもあります。


私たちは、歳入と歳出の見込みが違ってい るのではと考えます。コロナの影響で税収が減るのは新座市だけではなく全国共通です。国の 税収不足に対する補填策、地方財政計画が示されるのもこれからです。

 新座市が国の方針が示される前に、25億円が決まっているかのように「財政非常事態宣言」 を出して市民の心配や不安をあおるのはどうかと思います。新型コロナを機に、新座 市独自の福祉事業や補助金を削減しようとしています。

 

新座市は6つの視点で見直しを検討しています、 ・新座市の独自事業、国・県の補助金に新座市が上乗せして補助している事業は、 最低限の内容として廃止や休止を前提に見直す、としています。 ・様々な団体への補助金は、削減を打診されています。 

 

独自事業の例 

○子ども医療費無料制度、高校生に ついて廃止を示唆

○林間学校助成金

○ひとり親家庭や障がい者の医療費 助成

○介護や障がい者に対する手当

○障がい者のタクシーやガソリン代 バスカード等交通費助成

○難病患者支援金

○介護や障がい者のおむつ代助成

○敬老祝い金、など多数あります

 

各種補助金の例

○雨水止水板等設置工事補助金廃止

○高齢者世帯と障がい者世帯への家 具転倒防止器具の支給取付け廃止

○町内会への補助金

○農業推進事業補助金

○国際交流協会補助金

○民生委員協議会補助金

○法人保育園への運営費補助

○障害者団体への運営補助

○PTA連合会補助金

○老人クラブへの補助金 など多数あります

 

自治体の仕事は、新型コロナの影響や消費税増税で大変な市民の くらしや営業を支えることです。福祉制度や補助金まで廃止、縮小 するべきではない。

今回、子どもの医療費無料化の削減、特に高校生の無料化が狙われています。新座市は18歳までの子どもの医療費無料化を他市より先駆けて実施し、「子育てにやさしい新座市」として注目されてきました。絶対に守りたい 制度です。

 

新座市社会保障推進協議会で、「18歳までの子ども医療費無料制度をはじめとする福祉事業等を守るための要望書」署名活動が始まりました。社会保障推進協議会とは、共産党、年金者組合、新日本婦人の会、埼玉土建労働者組合などが加盟する団体です。新座市民の皆さん、コロナ禍のもと新座市のかけがえのない制度を守るために署名にご協力ください。

ご連絡いただければ、署名用紙をお持ちします。近日中にブログ上に署名用紙データをアップします。よろしくお願いいたします。

 

辻みき 090−8515−2603

    tsujimiki9@gmail.com

 

市民サービスを守るために

  • 2020.10.17 Saturday
  • 19:59

 今日の共産党新座市議団主催の『市民サービス削減を許さない学習会』には、雨降りで足元の悪い中、70名を超える方にご参加いただきました。


 工藤かおる埼玉4区予定候補の挨拶(受付をしていたため、写真撮れませんでした)のあと、石島市議の市政報告。その後会場から財政問題や、障害者支援、にいざほっとぷらざ、生活保護の問題、運動の取り組みなど様々な視点からの質問や要望が相次ぎました。


 最後は社会保障推進協議会の会長、大森さんからは『新座市の大事な市民サービスを守ろう、署名8000筆を目指そう!』と呼びかけられました。

雨の中、多くの市民のみなさんにご参加いただきました✨

市政報告を行う石島よう子市議


70年前から新座市に住んでいる大森さん。

91歳です✨

市の財政問題学習会

  • 2020.10.16 Friday
  • 22:14

 毎週金曜日の定例宣伝の風景です、

赤旗日曜版の宣伝紙を配布しました。10数名の方が受け取ってくれました。


新座市が1日に『財政非常事態宣言』を宣言しました。25億円の減収になるから今までの事業は継続できない、事業の廃止、休止を検討しますという中身です。新座市は何を考えているのか、皆さんにお知らせするための学習会です。市民サービスを、みんなの暮らしを守るために力を合わせましょう。どなたでも参加できます。明日の2時に市民会館会議室でお待ちしています。

今日のランチ

  • 2020.10.12 Monday
  • 15:45

今日のランチはMINTBOXさんのLunchBox。ご近所の友だちのお店です。野菜てんこ盛りのピザ🍕、グリーンサラダにフロマージュ✨ベイクドチーズケーキ🥧は娘におみやげ。

 

たくさん話そう

  • 2020.10.12 Monday
  • 09:27

 土曜日は新座革新懇の総会でした。講演は小森陽一さん、東大の名誉教授で9条の会の事務局長。時系列に早口で、市民と野党の共同がどのように発展し歴史が前に進んでいるのか、大学の講義みたいな潔い講演でした。

 

 はじめに「日本学術会議」新会員6人の任命拒否した問題に触れ、何が本質なのかを訴える重要な時期にあり、幅広く市民との協力体制をつくる必要があるとの訴えが強く印象に残りました。

 

 次から次へと言葉がでてきて、さすが東大の教授だと思ってたら、「何度も人前で話してるから覚えちゃうんです。何度も話すことが大事です」と言ってました。ステキな方です。

日本学術会議の任命拒否問題

  • 2020.10.10 Saturday
  • 10:49

菅政権の始まって間もなくのこの問題。

日本学術会議が推薦した6人の会員候補の任命を菅首相が拒否しました。

憲法が保障する「学問の自由」にかかわる重大な問題です。

なぜ任命しないのかの理由の説明もない。多分、菅首相にとって不都合だから。


段々浸透してきた安倍強権政治のもとで、忖度でまかりとおる社会になっていることを感じます。


戦争中、もの言えぬ社会のなかで、どれほどの命が奪われたか、身体も心も傷つく悲劇を日本は経験済みでしょう。意見の違う人たちの意見ほど大事にしないと、民主主義が守れない。平和が守れない。

今朝の赤旗に、声をあげた学術団体が載っています。任命拒否、撤回の声をあげましょう。


朝の定例宣伝

  • 2020.10.10 Saturday
  • 10:33

毎週金曜日の朝は志木駅南口での定例宣伝。後援会のみなさん、小野だいすけ市議と埼玉4区の候補予定の工藤かおるさんと一緒。「一人ひとりが大切にされるまともな政治に」と訴えます。


大学生が立ち止まりチラシを見て、「共産党ですか?」「そうです」。「僕応援してるんですよ」とにっこり😊。工藤さんを紹介しました。 


また数年ぶりに、以前相談を受けた方と再会。にいバス改善の要望が寄せられました。


胸がざわざわ

  • 2020.10.07 Wednesday
  • 19:48

最近胸がざわざわすることばかりです。

新座市の財政非常事態宣言。市長は、「財政が大変だから」6つの視点で事業の見直し、休止を表明。


9月議会では令和元年度の一般会計決算について共産党は不認定としました。この年は福祉10事業の見直し削減が行われた年です。重度要介護高齢者手当、介護保険利用料助成、おむつ代補助、住宅リフォーム助成制度等などが削られました。


今回は未だに具体的な話はありませんが、『子ども医療費を含めた福祉事業や教育事業の』とわざわざ前置きであげています。見直す中身は分かりません。でも色々な分野ですでに削減の打診がきてることを市民の皆さんから聞いています。


私が新座市を誇りに思う自慢の制度が3つ。18歳までの子ども医療費助成、精神障害者通院医療費助成、診断書補助。議員になる前から新座市は先進市、すごいと思ってました。これらの削減が心配でざわざわしています。


好きで精神障害者になったり、要介護状態になったり、自ら選んで病気になるわけではありません。元気でいたいけど、やむなくハンデを背負うことになった、それでも豊かに生きるための健常と同じラインに近づくための制度が福祉。他市でやってないからとから財政が大変だからとかで削る次元のものではないと思います。市長選が終わったばかりでこんなことになって本当に切ない。


17日14時から、新座市民会館で、共産党市議団主催の学習会が行われます。ぜひご参加ください。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM