コロナウィルスに関わる対応について

  • 2020.03.29 Sunday
  • 08:05

3/27の新座市議会、全員協議会で、報告がありました。

国の緊急対応策として、市町村が保育所等に配布する子ども用マスク、消毒液等の一括購入や備品購入に必要な経費を、1施設あたり50万円以内、国の全額負担で補助します。


1、保育料の負担軽減について。

休業等により、家庭での保育に協力していただいた保護者の保育料を軽減します。学童保育についても同様に保育料の減免します。


2、学校の臨時休業に伴い生じる課題の対応について。

学校の臨時休業等の影響を受け、収入が急減した世帯を対象に一時的な資金を受け付けます(個人向け緊急小口資金等の特例制度)。新座市社会福祉協議会が窓口です。20万円上限です。

学校給食の休止に伴い、国から学校臨時休業対策費補助金が交付されることになり、「事業者に対してすでに発注された食材に係る違約金等」と返金に要する経費を調査市作業を進めています。


3、中小企業への支援。

中小企業信用保険法に基づく国のセーフティネット保証等の認定を行っています。コロナに関係するセーフティネット保証認定申請件数は3/24現在で、27件です。市のホームページに相談窓口等情報を掲載しています。


4、行政手続等の臨時措置について。

令和2年度の市民税、県民税の申告期限を4月16日まで受け付けます。コロナに伴い、財産に相当の損失を受けた納税者や、売上の急減により納税資力が低下している方に対して、猶予になる場合があります。リーフレットやホームページで周知します。


5、国民健康保険の被保険者に対する傷病手当金の支給について。

新型コロナウィルス感染症に感染した際に、傷病手当金を支給する予定です。詳細は今後お知らせします。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM