9月議会 一般質問

  • 2020.08.29 Saturday
  • 08:36

9月17日、1番目に一般質問を行います。取り上げる項目は以下の通りです。一般質問で取り上げるテーマは自由です。市民からの要望や、日ごろ感じている問題点などを限られた時間の中で提起、提案し、執行部と論戦します。結果的に前に少しでもすすめたいです。

先日朝のテレビで見かけた画像。コロナで特に若者とひとり親家庭の貧困を取り上げていました。コメンテーターが、児童扶養手当の所得制限の厳しさを指摘していました。支援からこぼれるひとり親家庭が窮地に陥っています。早急な対策を。

 

 

1、家計急変世帯への臨時特別給付金、新座市ひとり親家庭等支援金について

(1)すべての対象者に支援が届くように、児童手当受給者に郵送するなど情報の周知を徹底してください。申請のあったひとり親に対し、児童扶養手当の有無を問わず実態をよく調査し、総合的に判断してください。申請が可能な期間を最大限に伸ばしてください。

      (2)フードパントリーについて

戸田市の取り組みを参考にして、ひとり親家庭や就学援助受給世帯等を対象にフードパントリーを行ってはいかがでしょうか。支援の必要なひとり親家庭の発見にもつながります。

 

2、コロナ禍のもとでの子育て支援について

    (1)個別乳幼児健診を実施医療機関以外で受診した場合の補助について

乳幼児健診は発育の確認、病気や障害の早期発見、虐待の予防や育児相談など重要です。どの家庭でも平等に健診が受けられるように、指定の医療機関で受けられない場合は健診受診費用を補助してください。

    (2)コロナ禍のもとでの健診受診の確認や子育て相談体制について

コロナ禍のもとで育児のストレスや産後うつ、DV、ネグレクトの早期の発見などリスクのある家庭への支援は重要です。コロナウイルスに関する子育て相談窓口を設置してはいかがでしょうか。

 

 3、第6期新座市障がい福祉計画、第2期新座市障がい児福祉計画の策定について

    (1)計画相談支援の課題について

相談支援専門員確保のための取り組みについて伺います。基幹型障害者相談センター設置の進捗を伺います。指定特定相談支援事業所に対し補助金等の支援が必要なのではないですか。

    (2)児童発達支援センターの今後の課題について

アシタエール開所後の状況について伺います。今後のスケジュールはどのようになっていますか。障がいのある児童の支援充実のため指定特定相談支援事業の機能を担うべきではないでしょうか。人員増員や巡回支援相談員の整備、児童発達支援拠点としての役割の遂行はどのようになっていますか。

    (3)障がい者の働く場の確保について

就労の訓練、働く場所の確保、工賃向上等の取り組みについて伺います。

 

 

4、障がい者福祉情報の提供の充実について 

  「障がいのある人もない人も共に暮らせる新座市を作るための調査結果報告書」によると、「福祉情報が不足している」と感じている割合が多いことは課題です。どこにどんな社会資源があるのか、情報を得るためのカラーで分かりやすい新座市障害福祉マップを作成してはいかがでしょうか。

 

5、志木駅南口駅前ロータリー横断歩道の設置について

 志木駅南口駅前整備に合わせて横断歩道がなくなりました。大変不便を感じている市民が大勢います。また車の間をぬって横断す る方も多く、大変危険な場所になりました。横断歩道を設置してください。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2020/09/10 11:59 AM
コメントする